アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

スポンサーリンク

セミナーを開くとき用のメモ(気づき)

f:id:imamuuu:20161211112541j:plain

先日とあるセミナーを受けにいきました。受講料が1000円。
地域の文化センターであったセミナーです。

 

自分がもし将来セミナーを開催するとしたら…?という視点で見た今回のセミナーの気づきをメモ。

 

・プロジェクターは自分で用意すべき。

 

今調べた時点で良さそうなプロジェクター

 

  

 

 

 

・パワーポイントの内容は渡した書類と同一でもいいが、それを見ないと書いてないような文章をいれるといいかも。

 

・何かプリントを受講者にまわす場合は、最低2部は用意したほうがいい。そして回し読みしている時はセミナーの進行速度を落とす。
もしくはその回しているプリントに関する小話をして、全員がゆっくり読める雰囲気にする。

 

・セミナーの展開自体も本の目次と同じように進行させていく。
ひとつのテーマの終わりには「まとめ」をパワーポイントで提示して、「こういう部分を伝えました。こういうところが理解してもらえたらOK」など、わかりやすくまとめた上で次の話へと進めていく。

 

・自分で何か書籍を出している場合は、その書籍を5~6冊は用意してその場で購入できることをアピールしたほうがいいかも。
そうすれば当日に自分に興味を持ってくれた受講者が自分の本を購入してくれる可能性もアリ。
欲しいと思ってる人にわざわざ「書店まで行って買ってください」というのもなんだか失礼になってしまうので、その場で購入できて満足させられる仕組みを最初から用意しておくべき。

 

・休憩でトイレに行っている人がいる場合は必ず帰ってくるまでセミナーの進行はしないこと。

 

・お金の話は重要度が高いので話しても良い内容なら包み隠さず伝えたほうがいい。その方が講師への信用度が増す。

 

・最後の締めはこれまでのテーマ総まとめをして、「これとこれとこれとこれ。わかってもらえるように進行させていただきました」などと相手に伝えたかった内容をまとめた方が良い。
そしてできればまとめた資料を最後に受講者に渡すとなお良し。

 

・受講中の写真を撮るのもアリだな。それをする場合は受講者に最初にその旨を伝える。最後に写真を撮る行為もアリだった。

 

・手渡した書類の中に自分のプロフィールを1枚分大きく使用して持ち帰ってもらうのはかなりの高得点。
ブログ・書籍のリンクなどのQRコードも載せておくとより良いかも。

 

・渡す書類には必ず「NO.1」などの記入をしておく。その番号通りにセミナーも進行していく。