アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

スポンサーリンク

読んだことのあるコーヒー関連の本のまとめ&感想【8冊紹介】

こんにちは。

元カフェ店員のイマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。

カフェに勤めていた時代(2010~2012年)に読んだコーヒーやカフェ関連の本をまとめて紹介&感想も書いておきます。

 

スポンサーリンク
 

コーヒーの基礎知識

この本はほんっとに読みやすいし分かりやすい。しかも値段も安い!!

コーヒーについて基本的なことをサラッと知りたいなと思っている方はこの本をおすすめします。

コーヒー豆についてだったり、抽出器具だったり、 産地についてだったり…。
コーヒーに関する基礎知識がこの1冊で手に入りますよ。

 

カフェ(ビジネス)関連

私がめちゃくちゃ感動した本です。

確か20歳の時にこの本と出会って、タリーズコーヒージャパンの創業者である松田公太さんの下で働きたいと強く思い、その1年後にタリーズコーヒーに転職しちゃいました。

ワケあって2年で辞めてしまいましたけれど、自分が働きたいと思った会社で働けて、
自分の中にあった目標も達成できたので、
タリーズに居た期間は良い事ばかりではなかったけれど働けて良かったなとは思っています。

松田公太さんの情熱を感じる1冊です。

 

 

ビジネス書好き&ドトール好きは必読でしょう。

松田公太さんの「すべては一杯のコーヒーから」よりはちょっとお固めというか、ビジネス書よりの内容ですね。

この本も20歳くらいの時に読みました。

 

 

この1冊を読めばスターバックスがどうやって誕生したのかが知れます。

ちょっとページ数多めだったような気が…。

しかしスタバの歴史に興味ある方はぜひ一度読んでみてください。

値段高めだけど、読んでよかったと思えた1冊ですね。

 

 

この本はカフェで働いていた当時の私のバイブルでした。

何度読み直して、何十か所にマーカーを引いたことか。

カフェ店員としての在り方をこの本から学びましたね。

コーヒー一杯を提供することの重み、そして誇りを思い知る1冊。

これからカフェで働きたいと思っている人、もしくは働いているけどイマイチモチベーションが上がらないという人はぜひ読んでみてください。

 

 

別の記事でも紹介してる本ですが、実話を本にしたものです。

ええ歳したおっちゃんが会社辞めてスタバで働くことになったお話し。

小説のようにサクサク読み進めていけます。しかも良い話なんですよ内容が。

これ読んだらスタバで働きたくなりますよ(笑)

 

 

これもカフェで働く上でかなり参考になった本でしたね。

スタバでCEOにまでなられた方が書いたいわゆる「リーダー論」

人を率いて先頭に立ってグイグイ引っ張っていくだけがリーダーではない。それを教えてくれる本です。

仕事でどんどん昇格していきたいと思っている若手の方にはぜひ読んでもらいたい。

 

 

会社を辞めてコーヒーに人生をささげた男のノンフィクションストーリーです。

ひたすらコーヒー、コーヒー、コーヒーの本。

男性が徐々にコーヒーに飲めりこんでいく様子が書かれています。

今はBear Pond Espressoというコーヒーショップを営んでいますよ。

これ、コーヒー関連の本で隠れた名作だと思ってる。

 

 

読んだ本思い出してたら泣けてきた

 

まあー…思い出は月日が経てば経つほど美化されるとはいうよね。

でもさ、情熱だけは今の仕事に対する3倍くらいはあったかな。

 

そんな感じ!

記事はここまで!気になる本があったらチェックしてみてね!

それではまた次回!

待て、しかして希望せよ!

 

 

記事を書いている人

f:id:imamuuu:20161206090901j:plain

イマムラアユム@ImamuraAyumu

福岡県出身の1988年生まれ。2012年に働き過ぎて難病(膠原病)発症したやつ。自分の身の回りのことをネタに、楽しく雑多にブログ更新してます。

 

  

 

スポンサーリンク
 

 

Twitterで絶賛つぶやき中