アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

スポンサーリンク

人間関係を長続きさせたければ相手のために「割り切る」ことも大事なんだよね…

些細なことでも気にして半日悩む乙女、イマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。
よろしくどうぞ。

 

自分にとって大切な人ほど大切にできない…。

相手の気持ちを考えずに自分の意見だけガンガン押し付けてる…ような気がする。

大抵、自分が大切にしたいと思うタイプの人は、

基本自分の意見を言わずに相手の意見を優先してしまうような人が多いんです。

でも自分としては大切な人ほど意見をどんどん言って欲しいと思うし、

どんどん踏み込んできて欲しいと望んでしまう。


んんー…。

でもね、望みすぎなんだよね、相手に。多分。

なんでも望みすぎてるんだと思う。

大切な人ほど多くの何かを期待してしまう。

でも期待しなければ、その人に対する興味も失ってしまう…。

 

この、なんていうの、距離感のバランスというか、

興味を持ってる人にほど、期待をしないようにすることが難しい…。

 

自分自身が仕事も私生活も一緒くたにして仕事一筋で生きてきてる人間なので、

関わる人間関係もできれば仕事と私生活一緒くたにして関われる人がいいんですよ。

その方が自分の気がラク。

でもさでもさ、

私に関わる全ての人がそういうタイプではないし、

そばにいて欲しいタイプがそういうタイプじゃなくてもちゃんと受け入れて、

その人が安心して私のそばにいれるように自分が大人にならなくちゃいけないと思うんすよ。

 

大切な人を大切にして、長く関係を続けていくためには、やはり割り切ることも必要。

 

一緒にずっと仕事していきたい相手なのであれば、

私生活面では極力踏み込まないようにする。

距離をしっかり保つ。

逆に私生活で会いたい人なのであれば、仕事面で関わらせないようにする。

自分自身だけに関わることであれば、仕事も私生活も一緒くたにして生活しても構わないと思うけども、

それを人間関係にも持ち込んで相手に望んで期待してしまうところが子供っぽいよな…と、反省。

本当に大切ならば、どんどん踏み込んでほしいと望むよりも、

踏み込まずとも関係が続けれる境界線をしっかり提示してあげて、相手を安心させるべき。

 

たとえ今までとは関係が変わっても、それが一番ベストな距離だと思うのなら、そうしていこうと思った。

 

 

 

 

 

記事を書いている人

f:id:imamuuu:20161206090901j:plain

イマムラアユム@ImamuraAyumu

福岡県出身の1988年生まれ。2012年に働き過ぎて難病(膠原病)発症したやつ。自分の身の回りのことをネタに、楽しく雑多にブログ更新してます。

 

  

 

スポンサーリンク
 

 

Twitterで絶賛つぶやき中