アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

感動のフィナーレ!シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKAに参加してきたよ!!【動画アリ】

こんにちは。
広島から福岡まで原付でひとっ走りして花火を観て帰りました。

そんなしがないコンビニ店員(@ImamuraAyumu)です。

 7月26日に開催された、シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA。

この花火大会はなんと有料!
私も3000円支払ってチケットを購入しました!

 

有料にすることで他じゃできない豪華な花火を打ち上げることができるとかなんとか。

とりあえず花火ファンタジアってどんな花火大会なの?ってとこから説明します。

スポンサーリンク

 

花火ファンタジアFUKUOKAとは?

f:id:imamuuu:20170811033242j:plain

シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKAでは、東京・日本橋 丸玉屋の最先端技術を駆使した音楽花火と、
世界的花火先進国・イタリア、スペイン流の花火、そして伝統文化である日本の花火」が競演。
見比べて様々な花火の世界をお楽しみ頂けます。

シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKA

ようするに、「音楽と花火の競演でド派手に盛り上げるよ☆」っていう花火大会です。

ちなみに有料なので観れる場所は指定されています。

f:id:imamuuu:20170811005242p:plain

ももち浜をA~Fブロックに区分けし、そのブロックごとにチケットを購入できるようになっていました。

椅子に座れる全席指定の「プレミアム席」なんかもあり、それは確か5000円してたと思う…。高いw

私は東Cブロックの入場チケットを購入して会場入り。

f:id:imamuuu:20170811010319j:plain

花火大会参加者は全員手首にこのリストバンドを巻き付けます。

これでチケット購入者であり、どこのブロックの人かがすぐに判別できる。

 

19時30分から開演!!

 

 

リストバンドと一緒に、花火大会のガイドブックやジャパネットたかたのうちわ、花火大会専用のシートなどが配られました。

 

f:id:imamuuu:20170811010813j:plain

ガイドブックは新聞サイズ。

中は花火のプログラム、注意事項、花火師さんの仕事内容などについて記載されています。広告のみのページも含め表裏背表紙合わせて全12ページ。

 

f:id:imamuuu:20170811011241j:plain

演目が書いてあったのは嬉しかったですね。

これを最初に見ておくことによって、どんな花火が打ちあがるのか事前知識としてインプットできました。

 

f:id:imamuuu:20170811011404j:plain

配布された専用のシート。

これ以外のシートの持ち込みは禁止されていました。大きさは人一人が座れるくらい。ちょうど大人一人ぶんジャストです。 

指定の砂浜に入った後、係員の人が「こっちはまだ空いてますよ!」とか誘導してくれたのでスムーズに場所取りすることできました。

 

ゲストにericaさん陣内孝則さんスザンヌさん登場

オープニングイベントにシンガーソングライターの「erica」さんが曲を披露してくれました。

正直ericaさんのことを知らなかったのですが、この日歌声聴いて感動しましたね。

この方、めっちゃ歌上手いです。聴いてて心地よい。この日は「恋花火」を歌ってくれましたね。ほんと良い声でした。

その後「スーパージャパネットタイム」に突入。

ジャパネット恒例のあの曲が流れ、曲の終わりとともに開演の花火が打ち上げられましたね。

陣内孝則さんとスザンヌさんも登場!

陣内さんは、「みんな愛しあっとうとー!?」などとテンションぶち上げで、会場を盛り上げてくれてました。…あんな大人になりたい。かっこええ。

 

動画サクッと載せていきます

この記事を読んでるみんなが見たいのは花火の動画なのでは…。
と、ここまで書いてふと気づいた。

これからは撮った花火の動画をサクッと載せていきます。

iPhoneで撮った分とコンデジで撮った分、両方ともあんまり上手く撮れてません…花火をガチで撮ったの初めてだったもんで…すまん。

ブレがひどいことだけ先に伝えておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  一番最後のはフィナーレの花火です。次から次に花火が上がって夜空がどんどん明るくなっていく様が圧巻でした。ちょっと恐怖を感じるくらいの力強さと華やかさ。

 

一人で来たけど楽しかったよ

 

f:id:imamuuu:20170811033334j:plain

花火ファンタジアFUKUOKA、3000円払って花火を観ましたけど、払ってよかったなと思いました。

ただちょっと言うなれば、福岡アーティストと花火のコラボ演目で使用された曲が古かった…(笑)

まあ、誰でも知ってる曲なのでよかっちゃよかとやけどね。

 

以上!シーサイドももち花火ファンタジアFUKUOKAのご紹介&感想でした!

今度花火撮る機会あったらもっと上手く撮れるようになりたい…。

そう思った。

 

 

 

 

 

記事を書いている人

f:id:imamuuu:20161206090901j:plain

イマムラアユム@ImamuraAyumu

福岡県出身の1988年生まれ。2012年に働き過ぎて難病(膠原病)発症したやつ。自分の身の回りのことをネタに、楽しく雑多にブログ更新してます。

 

  

 

 

 

Twitterで絶賛つぶやき中

 

 

LINEスタンプ作りました