アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

スポンサーリンク

「東京さくさくティラミス」は、あのお菓子の味がする


こんにちは。

ブロガーのイマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。

職場の方に、東京土産で「東京さくさくティラミス」というお菓子を頂いたので、

家に持ち帰って食べてみることに。

 

スポンサーリンク

 

 

東京さくさくティラミスを食べながらブログを書く

 

f:id:imamuuu:20161120072812j:plain




「東京さくさくティラミス」


そう、こいつは職場の事務所の机の上に

「お土産です。食べてください」

と貼り紙がしてあり、箱に詰められてそっと置いてあった。


まるで、食べてくれる主を求めているかのように。


記憶がうろ覚えなのだが、多分20個くらい箱に詰められて置いてあったはずだ。


職場で働く従業員は10数名程度。20人もいない。

と、いうことは…、だ。


単純に、東京さくさくティラミスは1人1個~2個食べてもいいことになるだろう。


…さあ、鋭い人はもう気付いてくれたはずだ。


私が記事の序盤で添付した画像を見たまえ。


いや、もう一度ここに同じ画像を貼ろう。


f:id:imamuuu:20161120072827j:plain


3個だ。


袋に入った状態の東京さくさくティラミスが1個。

そして袋から出した状態の東京さくさくティラミスが2個。


東京さくさくティラミスが計3個、画像に映っているだろう?



1人1個~2個までって最初に書いておきながらも、

3個持ち帰ったんかい!!


と、突っ込みをいれた方。


甘い。甘すぎる。

そんなあなたはティラミスよりも甘い。





4個だ。



私は4個、東京さくさくティラミスを持ち帰った。


ブログを書きながら、

ティラミスさくさくしようと思って4個持ち帰った。

どうだ。私の強欲さがよく分かっただろう?


まあ、実際は誰かの土産のお菓子って、いつも長い間放置されることが多い。

それを見越した上で多く持ち帰っただけである。


てかこの見出しのタイトルは、

【東京さくさくティラミスを食べながらブログを書く】なので、

さくさく食べながら文章を打とう。


右手で「さくティラ」を持ってそのままお口にポイしてみる。

あ、これ、あれだわ。

チョコレートで「焼きチョコ ベイク」っていうチョコレート菓子があるのご存じだろうか。

あのベイクのティラミス味やわこれ。


表面は砂糖を焼いて固めたようなサクサクした食感がして、

中身はクッキーを連想させる、またもやサクサクした食感。

いやでもちょっとしっとりしてる。だからベイクっぽいのかも。


サク!サクサク、しっとりサクサク!って感じ。サクラサク


感想をまとめると、

要するに「すごく美味しい」です。

これはうまいわーもう4個食べたわ。

うまうまーだった。

ごちそうさま!!!




東京さくさくティラミス - 東京往来館

f:id:imamuuu:20161120072848p:plain





 

Twitterで絶賛つぶやき中