アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

スポンサーリンク

2013/11/13の通院記録(ステロイド10mg)

こんにちは。

ブロガーのイマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。


この前炎症で高熱出したので、

確実に病状がアウトだと思って臨んだ病院での血液検査、

 しかし結果は良好!!補体正常値になってる!!


DNA抗体も陰性!しかも数値下がってる!!

やりましたね!!



貧血もね、めちゃめちゃ改善されてました。

なぜなら念のため病院行く前に鉄剤を飲んだからです(笑)


Fe(鉄)は、血液検査で正常値の2倍の数値をたたき出してやりました!!

これでもかっ!血液の中鉄分だらけやぞ!

てか、鉄剤の威力すごい…サプリの比じゃないですねマジで…。

というわけで、


11/14~12/12までの1日の薬の種類・内服量

プレドニゾロン 10㎎ (2錠)

・バクタ      1錠

エディロール  1錠


です。

鉄剤がね…支給されなかったんですよ。

これ、多分主治医のミスやと思うんですけど、

正直鉄剤あんま飲みたくないし、

病気には関係ないって主治医も言ってたので、サプリで鉄補給作戦に切り替えます。


さあ、寒い寒い冬を真っ白な指先で越しましょう。

レイノー現象は治らないんだよなあー。



※追記(2016/04)↓

今も相変わらず鉄分と戦っていますね。

当時、病気の方は寛かい状態に入ってきている様です。


この頃の主治医は私と相性が良く(出身地も同県でした)、

病院で主治医とお話しするのが楽しかった記憶があります。

私の希望を全面的に聞いてくれて、そのサポートをしようっていう思いが伝わってきていました。

とてもやりやすかった。


今は主治医が代わってしまい、私のポジティブな気持ちを抑えこむ主治医になってしまいましたので、

話しててもつまらないんだよなあー…。


主治医との相性っていうのは本当に大事です。




スポンサーリンク

 




Twitterで絶賛つぶやき中!

 

noteでも文章書いてます