アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

2015/08/30の膠原病克服計画NO.2

こんにちは。

ブロガーのイマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。


今からちょうど2年前(2013年)のこの日に、

膠原病克服計画というものを記事にしていました。

あれから2年経ちまして、また改めて克服計画をたてていきます。

膠原病克服計画NO.2」


計画最終目標:膠原病の症状ゼロ・ステロイド内服ゼロ目指します。


短期目標:年内にステロイドを4mgにすること(現在5mg内服中)




現在の身体状況

・時々鼻のまわりに紅斑ができる。

・胃の調子が悪い。

・全身関節痛がある(これが一番痛みがあり目立つ症状)

・体温が少し高いかも(36.8度~37.4度)

・長時間眠れない。

・血流が良くなると手の指がかゆくなる。

レイノー現象あり(寒いと指先が白くなる)




体調の悪化を防ぎ、ステロイドを減らすために現在やっている取り組み。

・体を冷やさないようにする。

自転車に乗ったり歩いたりして血流を良くする。

お風呂に入りしっかり体を温める。

冷たい物をなるべく飲まない&食べない。


・ストレスをためないようにする。

自分を責めない。

怒りを感じたときは何故怒っているのか、

明日死ぬとしても私はこんな事で怒りを感じるのか?

など、自分を客観的に見つめる訓練をし、怒りをすぐに鎮めるようにする。

歌ったり踊ったり笑ったり、楽しいことを日々やっていく。



私の主観ですが、体を冷やさないことと、ストレスをためないこと。

この2点を気を付けていれば体調は落ち着き、

完治へと向かうのではないかと思っています。


お風呂から上がった直後や運動した直後は関節が非常に柔らかくなり、痛みも薄くなるのです。

なので体を温かく保って血流を促すのは、

かなり膠原病克服に効果があるのではないかと感じています。


紫外線を浴びると体調が悪化する方もいらっしゃるようですが、

私の場合はあまり関係がないように思っています。

なぜなら毎年腕や顔を、かなり黒くなるまで日焼けしているのですが、

体調が悪くなったと感じたことがありません。そしてUVケアも行っておりません。


その代わり?といってはなんですが、ストレスには非常に弱いです。

急激なストレスを感じてそれが続くと、

数時間後には関節炎が悪化したり胃が痛くなったり、

場合によっては高熱を出して倒れてしまいます。


膠原病の発症原因も私の場合は過労・暴飲暴食・

過度なストレス・寝不足の日々が続いたからではないかと考察していますので、

やはりストレスが私にとって大敵であると感じてます。



来年にはステロイド3mgまでいけるよう、

血流とストレスをためない生活を目指します。




※追記(2016/04/18)

短期目標の「年内にステロイド4mg」、達成しましたね。

と、いっても無理やり4mgにした感じです。

免疫抑制剤もやめてステロイドを4mgにしてからは、

じわじわと調子が悪くなっていきました。病気の再燃です。

そのあとは5mg→10mg→15mg→20mgと

短期間でステロイドを増量。

今に至ります。

もう一度計画練り直さないとなあ。






スポンサーリンク
 



Twitterで絶賛つぶやき中

 

noteでも記事書いてます