アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

コミュニティに所属することのメリットとデメリット

f:id:imamuuu:20161119051552j:plain


こんにちは。

ブロガーのイマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。


最近はSNSでグループ(コミュニティ)が簡単に形成できる時代になりましたよね。

LINEでのグループトークだったり、

Twitterでのフォロー関係だったり、

Facebookでの同級生とのつながりだったり…

そんなコミュニティを形成するにあたっての

メリット
デメリットを考えてみました。


メリット

・集団に属しているという安心感が得られる

・他人から認めれるので尊厳欲求が満たされる

・困った時に助け合える



デメリット

・そのコミュニティ内で嫌われたらおしまい

・自己表現がしにくい環境

・全員と深い関係なんて築けない

・そのコミュニティに属さない人から見たら閉鎖的



スポンサーリンク

 




まずはメリットから解説。


集団に属しているという安心感が得られる


これは人間の「社会的欲求」に値するものでしょうね。

自分を受け入れてくれる「ホーム」があるからこそ、

コミュニティ外の誰かに嫌われたとしても安心していられたりします。

あとはコミュニケーション欲求も満たすこともできますね。


他人から認めれるので尊厳欲求が満たされる


そのコミュニティ内で尊敬されたり人気者になったりすることで、

人間の「尊厳欲求」が満たされます。

集団に属していなかったらなかなか満たされない欲求ですからね…。

てっとり早く満たしたいならさっさとコミュニティ作って、

その中で自分の地位を築いていくのが一番ですね。


困った時に助け合える


お互いが必要なものを「シェア」しあえる、といった方が今風でしょうか。

それは情報であったり、物質であったり、感情であったり…

「シェア」の形は様々。

コミュニティに属することで、
誰かがすぐに助けてくれる状況を作りだせます。



では、次に

デメリットを見ていきましょう。


そのコミュニティ内で嫌われたらおしまい


ようするにハブられちゃうってことですね。

コミュニティなんて学校の「クラス」と同じようなもの。


誰かが「あいつ嫌い」と言ったらそれがすぐ広まって、

嫌われてしまったその人はコミュニティ内でハブられる可能性もあります。

そのコミュニティに属することで安心感を得ていた人が、

急にコミュニティからハブられちゃったらキツイですね。


自己表現がしにくい環境


これもコミュニティ内で嫌われないようにするためです。

自分の意見を通す「わがまま」は、

コミュニティ内では非常に嫌われやすい対象
になります。

周囲に嫌われずに自分の意見を通すテクニックを身につけている者でないと、

「まわりがこう言ってるから私もしたがっておこう」というような感情になりやすいでしょう。

よって自己表現がしにくい環境であるといえます。


全員と深い関係なんて築けない


コミュニティの人数が大所帯になってくると、

どうしても苦手な人や浅い関係でしか繋がってない人も出てきます。

同じコミュニティ内なので、

そういう人達とも付き合っていかなればならないこともあるでしょう。

その分気苦労や悩みも増えるでしょうね…。


そのコミュニティに属さない人から見たら閉鎖的


職場ではすごく大人しい人が、

コミュニティが出来上がっているSNSでは超テンション高かったり…

ていう現象が起こります。

その輪の中だけで盛り上がっているだけで社会的欲求が満たされてしまうので、

輪の外にいる人(職場の人など)に対して心を開かない人が多く出現するんですよ。


客観的に見ると、すごく閉鎖的な世界で盛り上がっているように見えるんですよね、これ。

ひとつの「村社会」を、村の外から眺めてる感じです。




コミュニティ結論!

コミュニティに属しながらも

「個」としての存在を忘れないこと。

集団に依存するなかれ!!




人間の欲求として、

「集団に属したい」

「誰かから認められたい」

「安心して暮らしたい」という、

根源的な欲求は誰にでもあるものです。


なので何らかのコミュニティに属することは、

自分の人生を豊かにしてくれることでしょう。


しかし、依存してはいけません。

依存してしまうと、

その集団から嫌われることを恐れて、

自分のやりたいことを何もできなくなってしまう場合があります。



周りが恋人を作ってるから自分も作ろう…

周りが大企業に就職するから自分もそうしよう…

周りが結婚するから自分もそうしよう…


上記のような人いますよね?

「自分の生き方っちゅうもんを持ってないんかいwww」

って突っ込みいれたくなりますね。


人間なので、周囲に影響を受けてしまうのは仕方がないでしょう。

しかし「周囲に嫌われたくないから」

「おいてけぼりになりたくないから」

という理由で他人に合わせるのは本当に…

アホらしい
です。


正直、そういう人に

「個」としての魅力を感じません。



自己実現をするためなら、

自分の属しているコミュニティなんていつでも抜け出す覚悟をしている人の方が、

よっぽど魅力的に見えますね。

実際、そういう人のほうがモテたりします。


 

スポンサーリンク

 




Twitterで絶賛つぶやき中




noteでも記事書いてます

note.mu