アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

スポンサーリンク

自分の生き方はヒツジか?ライオンか?自分を変えたい人へおすすめの千田琢哉さんの本!

f:id:imamuuu:20161118061910j:plain

服を買うより本を買いたい。

本の虫ブロガーのイマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。

私がいつも励まされている千田琢哉さんの本

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう! 」

の紹介をします。

今回紹介する本はこんな人におすすめ
・もっと人目を気にせず自分のペースで生きていきたい。

・「自分」を持ってキラキラと輝やいて活躍しているあんな上司(先輩)みたいに自分もなりたい。

単独行動ばかりしてしまって、他人になかなか合わせられない。こんな自分でいいのだろうか。

・誰よりも出世して誰よりもビックな人間になってみせるぜ!


スポンサーリンク

 

 

自分はヒツジか?ライオンか?

 

 

ヒツジとは、何かあるたびに群がって結局何も成し遂げられない人。

ライオンとは、いたずらに群れず孤高に物事を成し遂げようとする人。

どちらの道を選ぶか、すべてはあなた次第。


 

 

 


この本を読むと、ヒツジコースを歩んでいた人は腹を立てるか

ハッと目覚めて意識を変えていく
でしょう。


ライオンコースを歩んでた人は

孤高に生きてきた自分の人生を肯定されたような気分になります。


私は困ったことがあったら友人や家族など、周囲の人に相談せず

本屋さんに駆け込むタイプの人間です。

私にとっては本屋さんがいわゆる「駆け込み寺」なのです。

周囲の人に相談してもどうにもならないかもしれない。

でも本を読めば答えは必ず見つかると思っているから。


本を読むために一人の時間が必要だし

自分を高めていくための勉強は一人でするのが一番いい。


私はどちらかといえば最初から「ライオン」寄りのコースを歩んでいました。

本を読み終えた時、千田さんに「そのままで行きなさい」

励まされた感覚になりましたね。 

決断しなければ、全員が例外なくヒツジのコースを歩む。

決断した人だけが、ライオンのコースを歩むことができる。 


自分の生き方に迷いが出たり、他人と自分を比較して落ち込んだりしたとき

この本を読みなおして、千田さんに背中を押してもらってます。

千田さんいつもありがとうございます。


 


スポンサーリンク

 




・Twitterで絶賛つぶやき中



 

・noteでエッセイ書いてます

note/イマムラアユム 

f:id:imamuuu:20161118053936p:plain