アイディアは熱いうちに打て

1988年生まれ。福岡出身のメガネが書く雑多ブログ

嫌な上司(先輩)が職場にいるときの対処方法を教えます

f:id:imamuuu:20161118053052j:plain


こんにちは。

難病ブロガーのイマムラアユム(@ImamuraAyumu)です。

ブラック企業には必ずいるとされるクソ上司。

最近は電通さんのニュースが話題になっていますね。

 


  プロブロガーであるイケダハヤトさんもこの「クソ上司」問題の記事を書かれています。



とんでもないクズみたいなクソ上司だけでなく

どこの職場にも「気の合わない」上司(先輩)っていうのはいるものです。

私も高校卒業して就職した会社で、

4ヶ月くらい思いっきりパワハラくらってましたからね。

そのあとも転職した会社がかなりのブラック企業で、上司にそこでも悩まされました。


関連記事:そろそろブラック企業に勤めて難病を発症した頃の話をしようと思う


そういう上司と遭遇してしまった時にどういう対処をすればいいのか。

その対処法を段階を踏んで順番に教えていきますね。


この段階を踏んでいって、相手の「クソ上司レベル」に合わせて

対処していくやり方が、経験上一番良いです。


スポンサーリンク

 

 

1.まず手のひらで転がせる上司かを判断

f:id:imamuuu:20161118053117j:plain


いきなり何言ってんだって感じですが、これが第一段階です。


「あー、この人自分と相性合わないなー…」

と思ってしまった上司(先輩)と遭遇してしまったそこのあなた。

心中お察しします。


「なんかカンにさわるわ…この人」

「教え方ヘッタクソやな…」

「自分じゃ全く動かないクセにどや顔で指示だしっすか…」


この程度のレベル(レベル「1」)のクソ上司はどこの職場にもいらっしゃいます。

まだまだ序の口といっても、こんな上司と一緒にいれば

あなたのストレスが溜まって仕事の生産能力も落ちてしまう。

まずこの第一段階であなたがすべきことはひとつ。


そんなクソ上司と仲良くなってみましょう。


もしかしたら「身内には甘い系の上司」かもしれません。

ていうか、人間自分に対して甘えてきたり、

自分の気持ちを良くしてくれる人に対しては好意を抱くもの
ですからね。


少しばかり理不尽に怒られても


「あっ、すいませーん!(てへぺろ☆)」


くらいに明るく済ませてみましょう。


取り返しのつかないようなミスは別として、

ちょっとくらいのミスならば怒られて真面目に落ち込んで

「すいません…」って暗めに謝るよりは

さっき書いたみたいに明るめに「てへぺろ☆」気分で謝った方がいい
んですよ。


ちょっとくらい(いやかなり)演技入ってもいいんです。

その上司の前では基本明るく、親しめに笑顔で接してみましょう。

続けていれば、早くて1週間くらいで効果は出てくるはず。

上司の、あなたに対する接し方が変化してきます。

そうなればもうこっちのもの。


あとはあなたの手のひらの中で上司をコロコロ転がしてしまいしょう。

そうやって上司を油断させてと仲良くなって、そのまま自分を気に入ってもらい

昇進していくのもアリですし、

気に入って信頼してもらえれば、

仕事に対してとやかく口出ししてくることも減る
可能性があります。



でも、演技してまで仲良くなりたくない。

媚びなんてウリたくない。


そう思っているそこあなた!!


今の状況を変えるには自分が変わるしかないんですよ。

自分が変わらずに相手に変わってもらうなんてこと不可能だと思ってください。



自分で上手に人間関係をコントロールして

自分にとって居心地の良い職場を形成していきましょう。

会社と言う組織で働くのなら、

それくらいのコミュニケーション術は身につける努力はするべきだと思います。


2.周囲の人間を味方につける

f:id:imamuuu:20161118053135j:plain


第二段階の話をします。

これは上司を手のひらで転がせなかった場合です。

その場合はクソ上司レベルが上昇して「2」になりますので

次の手を打たざるおえません。


仲良くはなったけど余計にバカにされてしまっている感がある。

頑張ってみたけどそれでも関係が良くなる雰囲気じゃないし、

マジで人としてあり得ないレベルの上司。

本当に仕事の相性が合わない。

だからコロコロ転がすなんて無理。


そんな時は…

職場の人たちに訴えかけましょう!


同僚や他の先輩、そしてそのクソ上司の上司にも

クソ上司にやられていること、そしてクソ上司と自分の関係を訴えかけましょう。


伝えるときは、仕事の合間に言うとか、冗談っぽく言うのはやめた方がいいです。

伝えた相手の記憶に残らない、または本気にしてもらえない可能性があるからです。


自分とクソ上司との関係性を本気で変化させて、

もっと働きやすい環境にしたいと思っているのなら

本気で自分の状況を周囲に伝え、味方を作りましょう。


その際にクソ上司の上司に相談するのは必須ですね。

「相談があるので、少しだけお時間よろしいでしょうか」と言い、

時間と場所を作ってもらって二人きりで相談しましょう。


「業務上、自分とそのクソ上司が一緒に仕事をしないで済むように計らえないか」

を相談すると良いと思います。

「そこまで図々しいこと言えないよ!」と言う方は、

せめて今の自分のしんどい状況だけでもわかってもらえるようにお話ししてください。


第一段階では、自分で出来る限りクソ上司をクリアできるよう頑張ってみる。

それでもダメなら第二段階で他人の手を借りましょう。



3.何も変わらないなら退職準備を

f:id:imamuuu:20161118053153j:plain

第三段階は、第二段階さえも上手くいかなかった場合です。


周囲に相談しても誰もまともに聞いてくれない。

クソ上司の上司に相談したら逆に相談したことをチクられた。

またはクソ上司の肩を持って自分を非難してきた。

クソ上司が周囲の人を巻き込んで自分をいじるようになってきた。


そういう場合は、もうその職場自体があなたに合っていない、

もしくは完璧にオワっているクズな職場
です。


そんな職場は早いうちに離脱したほうがいい。


さっさと退職届をだしましょう。


あなたは自分で出来る範囲で最善を尽くし、

自分の状況を変えようと行動してきました。

これ以上、人間関係を我慢して苦しみながら働く必要はありません。


辞めることに対して、周囲の人が何を言ってきても聞く耳持たなくていいです。

これは当たり前のことですが、


あなたの精神的限界はあなたにしか分からないし、

あなたと他人の限界値は同じではありません。


自分自身が「もう辞めたい」と真剣に思ったり、

「ここから逃げ出したい」と思ったり

朝起きれなくなってきて、遅刻し始めたりしたら

それが自分からの警告のサインです。


「辞めたら次の仕事が見つからないかも…」


そんなことないですよ。

覚悟を決めれば人は今までの知恵と経験をフル回転させて動き出し、結果なんとか生きていけるものです。

まずは退職する覚悟を決めましょう。

そうすればあとはなんとかなります。


 

終わりに:自分1人のチカラには限界がある

 


こちらの記事にも書いてますが、私は昔、自分の直感は警告サインを出していたのに

自分の理想だったり周囲の顔色をうかがったりして、無理して働き過ぎたせいで

難病(膠原病)を発症してしまいした。


関連記事:「働き過ぎると病気になる」っていうのは本当だった話。~私の持病は膠原病~


みなさんも直感的に「このままじゃヤバイかも」と感じることがあったら

すぐに辞める準備をして退職しましょう。



人1人のチカラには限界があります。


辞めるタイミングを見失ってそのまま仕事や人間関係を我慢して働き続けると

私みたいに病気になっちゃうんでね…てへぺろ☆


健康は一度失ったら二度とかえってきません。

経験上、3か月以上精神的・肉体的にしんどい思いを毎日続けると危ないですよ。

私が3か月くらい毎日働き続けたら難病発症しちゃってるので。


みなさんも「クソ上司」「クズ職場」にはお気をつけて…。


良きビジネスライフを!!



スポンサーリンク

 

 





・Twitterで絶賛つぶやき中






・noteでエッセイ書いてます

note/イマムラアユム 

f:id:imamuuu:20161116073753p:plain