博多のセミはなぜあんなにうるさいのか

f:id:imamuuu:20161119023057j:plain

(最終更新日:2019年1月2日)

こんにちは。広島在住のブロガー、イマムラアユムです!

みなさんはご存じだろうか。

博多のセミの元気な鳴き声を。

 





 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

広島から博多に降り立った時のこと

博多駅前


今年(2016年)7月の26、27日で、住んでいる広島から故郷の福岡まで、墓参り兼観光をしたときのこと。



新幹線で博多駅に降り立った私は、その日久留米市まで南下するために天神駅に向かおうとしたのです。

距離的に博多から天神までそんなにないだろうと読んで、天神まで歩いて向かっていたのですよ。



その日の福岡は快晴。

うだるような蒸し暑い炎天下の中、博多の街を歩いていた私はとうとう…

出会ってしまったのです。



博多ゼミたちの大合唱に!!

 

鼓膜がやぶれるんじゃないかと思うほどのうるささ

博多のセミはマジでうるさい


もうとにっかくうるさいです(笑)



「セミうるせえええwwww」


って草が生えてしまうくらいのうるささ。


鼓膜というか脳というか、とにかく頭にガンガンにセミの鳴き声が響いてきます。



「耳栓持ってくればよかった」
と本気で思ってしまいました。


少しでもセミの音を小さくするために、音楽を流していないイヤフォンを耳に装着して、セミの声と私の耳に間に防音障壁を作りましたからね…。


ほんとにセミがうるさすぎて、博多歩いてるときはほぼセミにしか意識がいかない(笑)



なぜこんなに博多のセミは元気なのか

 

広島では聞いたことがないほどのセミの大合唱。

博多のセミはなぜこんなに元気なのだろうか。

自分なりに考えてみました。


博多のセミが元気な理由の考察
  • 同じ種類のセミが多く発生しているため大合唱になる
  • 自然(木)が少ないので同じ木にセミが密集する
  • 福岡は蒸し暑いのでセミが繁殖しやすい


私的に一番有力な理由は「自然が少ないので同じ木に密集する」なのではないかと。

広島は博多より断然自然が多いです。

その分木も沢山あります。

なのでセミが様々な木にとまることによって、鳴き声が分散され、大合唱になるのを防げているのではないだろうか。


博多の場合は、人工的に道路沿いに植えられた数少ない木にセミが密集するからこそ、あのけたたましい鳴き声が街中に響きわたっている…?

 


「福岡は蒸し暑いのでセミが繁殖しやすいのでは」という説も一理あると思ってます。

広島に比べると福岡は蒸し暑いです。

だからこそ、セミも元気に生まれてすくすくと育つことができるのではないか。

 

福岡は暮らしやすい街だとよく言われていますが、それはセミにとっても同じことが言えるのでは…?


まとめ:博多行くなら耳栓持っていこ

f:id:imamuuu:20161119023210j:plain


とりあえず、博多のセミが元気な理由を推察したところでセミのうるささには変わりません。


みなさん夏真っ盛りの時期に博多に降り立つ場合は、耳栓、もしくは耳の穴にすっぽり入るタイプのイヤフォンを持っておくと大変便利です。

自分の鼓膜を大切にして、ストレスフリーな博多ライフを送ってください。

 

 

以上。

博多のセミはなぜうるさいのかの考察でした。 

それではまた~






耳栓買っていこ

 

 

 

 

 

福岡関連のおすすめ記事:

www.imamuuu.com

 

www.imamuuu.com

 

福岡旅行カテゴリの記事一覧:

www.imamuuu.com

 

 

 

 

 

 

 

 

記事を書いた人

f:id:imamuuu:20181025052043j:plain

 

イマムラアユム@ImamuraAyumu

1988年生まれの福岡県出身。兼業ブロガーです。自分の身の回りのことをコンテンツにして、楽しく雑多にブログ更新しています。ラーメンは豚骨が一番うまかっちゃん。

詳細プロフィールはこちら

 

  

 

 

関連記事&スポンサードリンク