スクラッチアートにおすすめのツール(道具)4つ紹介!!

 スクラッチアートにおすすめのツール4つ紹介

こんにちは!イマムラアユムです

最近スクラッチアートの魅力を知り、ゴリゴリと楽しくシートを削る日々を送っております。

 

今回はそんなスクラッチアートライフを送るなかで、

「このツールがあったほうが、スクラッチアートをもっと楽しくやれる!!」

と私が実感した商品を4つご紹介します。

 

・これからスクラッチアートを始めたい!!

・スクラッチアートをもっと楽しく削りたい!!

 

そんな方の参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサードリンク

   

 

「削ること」のみに集中できるようにするためのツール

今回紹介するおすすめのグッズですが、要約すると「削る際のストレスをなるべく軽減して、削ることのみに集中できるようにする」ためのツールです。

 

では一つひとつ紹介していきます。

 

おすすめおその1.スクラッチアート専用のペンセット

スクラッチアート「季節の花と動物たち」に付属している専用ペン

購入したスクラッチアートに付属している専用ペン

最初におすすめするツールは、スクラッチアート専用の「ペン」です。

 

基本的にはスクラッチアートを購入した時に、おまけで専用のペンが1本付いてくる仕様が多いですね。

 

「このペンがあれば購入したスクラッチアートのシート全部削れる!!」って完全に思い込んでいたのですが、現実は違いました…。

 

シートを削れば削るほど、ペン先も削れてどんどん丸くなっていってしまうんですよ。

 

ポストカードサイズ2枚削るとペン先がつぶれる

ペンの先端が削れて(潰れて?)丸くなっていく

私の場合はポストカードサイズのスクラッチアートを4枚完成させたあたりで、かなりペン先が丸くなっており細かい部分が削りにくくなるストレスを感じていましたね。

 

細かい部分が削りにくくなると、その分スクラッチアートのクオリティも下がってきてしまいます。

 

なので個人的にはスクラッチアートの冊子を1つ購入したら、一緒に専用ペンのセットも購入するのをおすすめしますね。

 

スクラッチペン10本とスクレーパー、ソフトブラシ、竹串、収納バックのセット

収納バックがついていて便利なスクラッチペンセット

自分が購入したのは、スクラッチペン10本とソフトブラシ、竹串とスクレーパーがセットになった商品です。

 

収納バックもついているので便利。

f:id:imamuuu:20190607032140j:plain

使わない時は収納バックを丸めて保管しておける

 

このペンセットはAmazonで購入しました。

 

f:id:imamuuu:20190607015404p:plain

画像をクリックするとAmazonの商品ページにいき詳細を見れます

スクラッチアート 極細 ペン 機能付き 金属 スクラッチペン スクラッチアート 14本セット 収納バッグ付き 


(14本セットと記載してありますが、正確には「14点セット」ですね)

 

スクラッチアート用の極細ペン

通常のペンの後ろが極細ペンになっている

スクラッチアートに最初から付いていたペンの後ろは「ヘラ」でした。

 

しかしAmazonで別途購入したペンは後ろが極細ペンになっており、イラストの輪郭を削ったり、細かい部分を削るのに適しています。

 

スクラッチアート用の小さなスクレーパー

スクレーパーは先が鋭利。指をケガしないように

スクレーパーはイラストの中を削る時に便利です。

めちゃサクサク削れます。

 

サクサク削れる分、力を入れ過ぎると削った下から出てくる色まで削ってしまうことがあるので注意してください…。

 

スクラッチアート専用のペンセット

 

ソフトブラシは削りカスを掃いたりまとめたりするときに使用します。

ブラシはめちゃ重宝してますね。

 

竹串もセットに付いてくるのですが、正直未だに使ったことがないです…。

どの場面で使うのかも謎…(;´・ω・)

 

 

…と、こんな感じで専用のスクラッチペンが10本もあれば何枚も削れるし、削る箇所によってペンを使い分けることもできるので便利です。

 

作品のクオリティを下げずに楽しく削っていくためには必須のツールですね。

 

 

おすすめその2.工作マット

 

次におすすめするのが工作マット!!

先ほどのペンセットはかなり重要度高いツールだったのですが、このマットも重要度高め。

 

スクラッチシートを削ると「削りカス」が多く出てしまい机を汚してしまいます。

机が汚れるのを未然に防ぐために、工作マット上での作業をおすすめしますね。

 

工作マット(ねんど用)

Amazonで買った工作マット裏面(購入価格343円)

工作マットなら何でも良かったため、Amazonで評価が高くて安いやつを購入。

(B5サイズまでならこの工作マットでOKだと思います)

 

工作マット(紙工作用)

工作マット表面(こっちで削るとカスがマットの中に入りこむ)

工作マットがあれば机が汚れることもないですし、削りカスの処理も楽になります。

削っている最中にスクラッチシートがズレることもありません。

 

個人的には、「スクラッチアート+ペンセット+工作マット」は一式全て同時に購入するのを推奨

 

 

 

おすすめその3. 2本指グローブ

次におすすめしたいのが、あると便利な2本指グローブ!!

 

スクラッチアートにおすすめの2本指グローブ

ペンタブ用のグローブだが、スクラッチアートにもおすすめ

これもAmazonで購入。

価格は2枚セットで699円でした。

 

f:id:imamuuu:20190607040921j:plain

削りカスで手が汚れるとシートを汚してしまうことも…

スクラッチシートを削っていると、どうしても手の側面が汚れてしまうんですよね。

手が汚れてしまうと、他の物やシートにも汚れが付着することも…。

 

なので、できればグローブを装着して削ることをおすすめします。

その方が「削ること」のみに集中しやすくなるので、より一層スクラッチアートの世界にハマれますよ。

 

 

 

 

 

おすすめその4.ペン用のグリップ 

 

最後におすすめするのは「グリップ」です。

ペンで長時間削っていると、ペンを支えている指がじわじわと痛くなってくるんですよね。

その痛みを少しでも和らげて、削ることのみに集中するためにはどうすればいいのだろう?

と、考えた結果…

 

ペンにグリップを装着するという荒業(?)を思いついたのです。

 

 

スクラッチペンにプニュグリップを装着

凹凸のなるべく少ないグリップの方がいいかも…?(知らんけど)

グリップをつけると柔らかくなるので、つけていない時よりかは痛みがマシになります。

 

しかしグリップをつけていない状態で削るのに慣れている場合、グリップをつけて削る感覚に慣れるまで上手く削れなくなる...。

 

(自分は1~2時間くらい慣れませんでしたが、慣れてしまえば問題ないです)

 

グリップは重要度低めなので、「どうしても指の痛みを軽減したい!」という場合は検討してみてください。

 

 

 

 

スクラッチアートにおすすめのツールまとめ 

f:id:imamuuu:20190607043928j:plain

 

その1.スクラッチアート専用のペンセット

スクラッチアート 14本セット 収納バッグ付き(リンク先はAmazonです)


その2.工作マット

デビカ 工作マット
 

その3.2本指グローブ

二本指 グローブ 2枚入り

 

その4.ペン用のグリップ

クツワ プニュグリップ(右手用) 

 

 

個人的にはペンセットと工作マットは必須です。

グローブとグリップは「あった方が良い」くらいの気持ちでおすすめしました。

 

今回おすすめしたツールは自分で全部そろえ、使用しながらシートを削っているのですが、マットもグローブも何も持ってなかったころに比べたらかなり快適な環境で削れていますね。

 

これからスクラッチアートを始める方も、もっと良い作品を残していきたい方も、ツールを活用してより一層スクラッチアートライフをエンジョイしてください!!

 

 

以上!!

スクラッチアートをもっと楽しむためのおすすめツール(道具)を4つ紹介しました!!

 

それではまた~

 

 

 

おすすめ関連記事:

www.imamuuu.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事を書いた人

f:id:imamuuu:20181025052043j:plain

 

イマムラアユム@ImamuraAyumu

1988年生まれの福岡県出身。兼業ブロガーです。自分の身の回りのことをコンテンツにして、楽しく雑多にブログ更新しています。

詳細プロフィールはこちら

 

  

 

 

関連記事&スポンサードリンク