【通販】「いきなり!ステーキ」のワイルドハンバーグを自宅で焼いて食べてみた

いきなりステーキのワイルドハンバーグを自宅で焼いて食べてみた

ステーキ大好きな三十路女、イマムラアユムです

先日、いきなり!ステーキさん監修の冷凍ピラフを食べました。

 

レビュー記事はこちら:

www.imamuuu.com

 

このピラフと一緒に食べようと、Amazonでいきなり!ステーキさんの「ワイルドハンバーグ」を注文。

 

 

自分は「いきなり!ステーキ」さんのワイルドハンバーグは一度も食べたことがないのでお店のハンバーグとの比較はできません。

 

しかしこの冷凍ハンバーグが美味しいかどうかの感想だけは書けますので、焼いて食べてみた感想をサクッと書いていきます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

「バターソース付きのワイルドハンバーグ3個セット」 をAmazonで購入

Amazonで注文したいきなりステーキ

Amazonで注文して、約4日ほどで到着しました。

 

ちなみに注文したのは、バターソース付きのいきなりステーキ ワイルドハンバーグ300g3個セットです。

購入価格は4,082円。

 

バターソースが1個410円だと思うので(Amazon調べ)、ハンバーグ1個の値段は約1200円くらいですかね。

それでも冷凍便の送料込み(Amazonプライム会員特典)なので、高くはない値段だと思います。

 

 

通販で注文したワイルドハンバーグの中身

箱の中身

・ハンバーグの調理方法の説明書

・バターソース1本

・ワイルドハンバーグ300g×3袋(オニオンソース付)

 

ワイルドハンバーグの美味しい召し上がり方

ハンバーグの調理方法がめっちゃ丁寧に書いてありました。

こういうのマジで助かる…。

 

必ずしっかり解凍してから焼いてくださいとのことです。

 

いきなりステーキのビーフハンバーグの商品説明

裏面はビーフハンバーグの商品説明。

常連のお客様からの強い要望で、ハンバーグを冷凍食品として発売したようです。

 

ワイルドハンバーグを調理していく

いきなりステーキのワイルドハンバーグ

では早速調理していきます。

1個300gのワイルドハンバーグ(デカい)

 

まずはガッチガチに冷凍されているハンバーグを解凍しなければなりません。

おそらく冷蔵庫で半日かけて解凍した方が良いのでしょうが、早く食べたかったので熱湯で解凍することに。

 

冷凍のワイルドハンバーグを解凍していく

鍋に熱湯を入れてその中にハンバーグを袋のままイン。

この状態で肉がやわらかくなるまで数十分待ちます。

 

いきなりステーキのビーフガーリックピラフ

解凍を待っている間に、いきなり!ステーキさん監修のビーフガーリックピラフを炒めてました。

 

これ、ぶちくそ美味しいので、気になる方はあとでレビュー記事読んでみてください。


ビーフガーリックピラフの記事:

www.imamuuu.com

 

 

解凍したワイルドハンバーグを焼いていく

解凍が終わったので、ハンバーグをフライパンにドカッと投入。

中火で温めたフライパンで、両面に軽く焼き目がつく程度に焼いていきます。

 

フライパンに水を入れてハンバーグを蒸していく

焼き目がついたらフライパンに水を入れて、火を強めの中火にします。

フタをしてこのまま6~7分ほどじっくり蒸し焼きに。

 

蒸し焼きにしたワイルドハンバーグ

水が少なくなってきたら、フタをはずして弱めの中火にし、水を飛ばしながら焼いていきます。

 

 

完成したワイルドハンバーグを食べてみる

完成したワイルドハンバーグ

完成!!

自宅で調理した「いきなり!ステーキ」のワイルドハンバーグです!!

 

蒸し焼きにするとかなーりふっくらしたハンバーグになりますね。

 

ワイルドハンバーグの重さを量ってみたら289gあった

この時点でハンバーグの重さを量ったら、289gありました。

約300gのハンバーグ…!これはデカい。

 

まずは何もかけずに、このままいただいてみます。

 

いきなりステーキのワイルドハンバーグを実食

あ…

意外と優しい味わい。 

 

ふっくらジューシーで、とてもやわらかいです。

なんかこう…お子様でも食べられる味わいと食感。

これはマジで美味しい。

 

とてもふっくらしていて肉厚なワイルドハンバーグ

肉厚でやわらかくて大きくて、中もギッチリ詰まってるので大満足。

とても贅沢なハンバーグですね。

 

オニオンソースをかけて食べてみる

いきなりステーキのオニオンソース

ハンバーグの袋の中に、オニオンソースが入っていたのでこちらをかけて食べてみます。

 

オニオンソースをかけたワイルドハンバーグ

おおおお…。

ソースをつけて食べる方が好きですね。味が濃くなる(そりゃそうだ)

 

オニオンと醤油が効いたソースです。

ソース単体での味は濃いめですが、ハンバーグにかけて食べるとそんなに濃く感じませんね。後味もさっぱりしています。

 

バターソースをつけて食べてみる

いきなりステーキのバターソース

ここで「いきなり!ステーキ」のバターソース登場。

 

これをハンバーグにつけて食べると味がどう変わるのでしょうか。

 

バターソースをつけたワイルドハンバーグ

うおお…。

出したバターソースから香るガーリック…!!

 

いきなりステーキのバターソースの原材料名

原材料名を見てみると、ガーリック醤油ペーストというが一番多く使用されていますね(だからガーリック香るのね)

その次にバター、食塩の順で多く使用されている模様。

 

ではバターソースをまんべんなくハンバーグに塗って、いただきます…!!

バターソースをつけたワイルドハンバーグを実食

濃いまったり感!!
 

ソースというソースをつければつけるほど、個性が強くなるワイルドハンバーグ。

まったりもったり(?)した食感になりました。

 

そしてガーリック感強いので、もうマジで濃厚な味わい。大人のハンバーグに大変身(笑)

 

・ガッツリ濃いやつが食べたい!!

・お酒とも相性が良さそうな味付けにしたい!!

 

上記のような方にはバターソース付きのハンバーグをおすすめしますね。

 

スポンサードリンク

 

 

ビーフガーリックピラフと一緒に食べてみる

ビーフガーリックピラフとワイルドハンバーグと一緒に食べる

いきなり!ステーキさんが監修した、冷凍ピラフともハンバーグを一緒に食べてみたのですが、こちらとの相性はマジで良かったです。

本当に美味しかった…。

 

ピラフは若干濃いめの味付けなので、ピラフ単体でガッツリ食べてもいいし、ハンバーグやステーキと一緒に食べてもOK。

どちらでもいけるピラフです。

 

ピラフはセブンイレブンで購入しましたが、ネットでも買えます。

 

 

カレーと一緒に食べてみる

ワイルドハンバーグをカレーと一緒に食べてみる

最後のアレンジ!!

ワイルドハンバーグをカレーに盛り付けて食べてみました!!

(ご飯は五目御飯)

 

ハンバーグが大きすぎてカレーを圧迫していますが、このアレンジもめっちゃ美味しかったです。

 

何もソース付けずに食べるか、オニオンソースを少しだけかけて食べるのがおすすめ。

バターソースかけちゃうとかなり味が濃くなるので、味の濃いカレーとの相性があまり良くなかった…と感じた(個人の感想です)
 

 

 

「いきなり!ステーキ」のワイルドハンバーグを食べてみた感想まとめ 

f:id:imamuuu:20191003041600j:plain

・解凍して水で蒸し焼きにするだけ(簡単調理)

・ボリューム満点(約300g)で値段も高くない

・ふっくらジューシーでやわらかい

・ハンバーグ自体は優しい味付け

・オニオンソースつけて食べるのおすすめ

・もっと濃くしたいならバターソースで

・ピラフ、カレーとも相性良い

 


初めて「いきなり!ステーキ」さんのワイルドハンバーグを食べましたが、とてもボリューミーで美味しくて大満足です!!

これは自宅で食べられるのはマジで贅沢の極み…。

 

今度はお店のハンバーグを食べに行ってきます!

 

 

冷凍「ワイルドハンバーグ」の詳細情報

 

・名称…いきなりステーキ ワイルドハンバーグ300g×3個【バターソース付】

・購入価格…4,082円(2019年9月購入時点)

・購入場所…Amazon

・カロリー…1食360gあたりで898キロカロリー

・たんぱく質…45.8g(1食360gあたり)

・原材料名…下記画像参照

 

ワイルドハンバーグの原材料名

 

 

以上!!

「いきなり!ステーキ」のワイルドハンバーグを自宅で焼いて食べてみた感想でした!!

 

 

 

 

 

 

ビーフガーリックピラフの記事:

www.imamuuu.com

 

三十路女がステーキ満腹まで食べた記事:

www.imamuuu.com

 

初いきなり!ステーキ体験談:

www.imamuuu.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事を書いた人

イマムラアユムのプロフィール写真

イマムラアユム@ImamuraAyumu

1988年生まれの福岡県出身。自己免疫疾患持ち。自分の身の回りのことをコンテンツにして、楽しく雑多にブログ更新しています。食べ物は濃いめの味つけが大好きです。

詳細プロフィールはこちら

 

  

 

 

関連記事&スポンサードリンク